精力減退と精力アップ

射精障害には心因性のものが大半を占めている!

投稿日:

仲が良すぎて射精ができない!?

「重度遅漏」の半数は、オナニー方法の誤りに起因するというデータがあります。

では、残りの半分は何かというと、多いのは心因性の射精障害です。

ただ、「心」の問題は、その人が育ってきた環境や性格などが複雑に絡みます。

心因性射精障害の原因や症状は多様で、「オナニーの誤り」のように「これが悪い」とスパッと割り切れないことも少なくありません。

泌尿器というより、精神科、心療内科の領域に属する症状であることも多いのです。

ここでは、実際に不妊治療に来られた男性の代表的な症例について、みていきたいと思います。

「心因性」の場合は、射精とともに勃起そのものが困難になっている(勃起障害)場合もありますが、そうしたケースも含めて話を進めることにします

パートナーが肉親にしか見えなくなりセックスレスに!?

オトコの機能に「パートナー」との関係が大きく影響するのは、言うまでもないでしょう。

夫婦仲が険悪では、セックスもうまくいきません(喧嘩をしても、いつもセックスで仲直りする、というカップルもいるかもしれませんが…)。

ただ、仲が良すぎても射精障害になることがあるので、話は単純ではありません。

夫婦仲はすこぶるいいのに、なぜかセックスになるとうまくいかない、子どもが作れない、という悩みを抱えて来る方は、実は少なくありません。

旦那さんに話を聞くと、「妻が肉親にしか見えない」「女性というより、家族の一員」とおっしゃる方が多いのです。

奥さんへの深い愛、ともとれるのですが、精神科の教科書には、近親相姦への恐怖が根底にある、という記述があります。

奥さんが本当の母やきょうだいのように思えてしまって手が出せない、というわけです。

そうかと思えば、決して不仲ではないけれど、若い頃の輝きが衰えた妻(失礼!)、その増えた搬やたるみ始めたお腹を見ると萎えてしまう、という男性も多いですね。

どちらのケースも、他の女性だとちゃんと「できる」場合がほとんどですから、まさに心の問題と言うしかありません。

ところが、奥さんの心のほうは、「どうして私ではダメなの」と深く傷つけられることにもなるのです。

小さいころの教えの影響で射精できない場合も!?

「厳しい家」に育った男性が問題を抱えるケースにも、よく遭遇します。

子どもの頃から「いやらしいことをするな、考えるな」などと親に厳命され、オナニーやセックスは悪いものだ、という観念が染みついてしまったタイプですね。

セックスのやり方も、射精をすれば子どもが授かることも分かっていながら、いざとなると親の厳しい教えが頭をよぎり、射精することができないのです。

性的なものへの嫌悪感、罪悪感が心の深くに刻み込まれてしまうと、それを取り去るのは容易ではない。

誤ったオナニーの影響が容易に消せないのと同じです。

一瞬でやる気が無くなる「ターンオフ」

こうした患者さんのよく陥るのが、「ターンオフ」という現象です。

女性に挿入して、快感もそれなりに高まってきたのに、イク直前になるとあたかも電灯のスイッチがONからOFFに切り替わるように、すっとそれが消えてしまう。

結局、射精にまで至らないというのですから、患者さんの徒労感は半端ではないでしょう。

射精障害が起きることにより、セックスレスになったり、パートナーとの関係が悪くなる可能性があります。

医者もその症状を見逃しやすいため、問題が解決できない場合も少なくありません。

パートナーの女性が自分自身を責めるようになったり、自分自身に魅力がない、他の人と浮気をしているのではないか、と疑うようになります。

また、パートナーから疑われるのを避けるため、男性側はオーガズムを感じていないのに、嘘をついてイッたふりをすることがあります。

ただし、当然妊娠には射精が必要であり、これが不妊症の原因となってしまうことさえあるのです。

-精力減退と精力アップ

Copyright© クラチャイダムゴールドで精力・勃起がヤバイことに!口コミと効果 , 2018 AllRights Reserved.