精力減退と精力アップ

生活習慣病とEDの関係性。なぜアソコが起たなくなるのか??

投稿日:


精力アップに人気なクラチャイダムゴールドですが、

精力アップのためにはクラチャイダムゴールドを飲むだけでなく、普段の生活習慣にも気をつけて行きたいところだ。

なぜかというとその生活習慣がEDを引きおっこしている場合も多々あるからだ。

ここではそんな生活習慣病とEDの関係性について少しご紹介します。

高血圧症とEDの深刻な関係。

あなたは、健康診断で「血圧が高めですね」といわれたことはないだろうか。

高血圧と聞いても「ただ血圧が高いだけ」と考える人もいるようだが、脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる病気を引き起こす怖い病気だ。

高血圧がペニスに与えるダメージも大きく、高血圧症を患っている男性にED(勃起障害・勃起不全)が多くみられる。

高血圧になると、血管に絶えず高い圧力がかかるために、血管が損傷して硬くて狭く、もろくなる動脈硬化を引き起こす。

動脈硬化になると、ペニス(陰茎)への血流が抑えられてEDが起こってしまうのだ。

高血圧症を患っていると、程度の差はあるが4分の1の人がEDであるともいわれている。

高血圧症は、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、健康診断で少し血圧が高めと指摘されたくらいでは、そのまま放置してしまう人が少なくない。

しかし、たとえ年齢が若くても軽視は禁物だ、近年は20代~30代の若い世代でも高血圧が増加している。

とくに家族に高血圧の人がいる場合は、リスクが高いので注意が必要だ。

また、LOH症候群(男性更年期日男性ホルモン低下によって起こる諸症状)の人も高血圧になりやすい。

「血圧が高め」といわれたら、家でもぜひ血圧測定を。

もちろん、塩分の多い食生活の見直しも大切。

さらに喫煙は血圧を上げる最大要因だ。

糖尿病とEDの乱れた関係。

生活習慣病の中でももっともED(勃起障害・勃起不全)になる割合が高いといわれているのが糖尿病だ。

糖尿病患者の3割~6割はEDの自覚があるといわれている。

糖尿病は、血液の中の糖が細胞に吸収されなくなり、その結果、高血糖を生じ、血管や神経を傷つけてしまう病気だ。

なかでも問題なのは、脳からの指令を体のすみずみに送る神経の働きが鈍って(糖尿病性末しょう神経障害)、いくら脳が興奮してもその指令がペニス(陰茎)まで届かなくなってしまうことだ。

糖尿病の人が高血圧になる割合は、糖尿病でない人に比べて約2倍高く、高血圧症の人が糖尿病になる割合もまた、高血圧でない人に比べて2~3倍高いといわれている。

さらにLOH症候群(男性更年期=男性ホルモン低下によって起こる諸症状)の人も、糖尿病や高血圧症になりやすく、すでに糖尿病や高血圧症を発症している場合は、男性ホルモン低値がさらに病気を悪化させる悪循環であることも分かっている。

糖尿病は、高血圧症と同様に、自覚症状がないまま進み、放っておくと、さまざまな合併症を引き起こす怖い病気だ。

糖尿病は、遺伝的体質がかかわって、過食、肥満、運動不足、ストレスなどが引き金となって発症する。

どちらかの親が糖尿病の場合は発症率は27%、両親が糖尿病だと58%という報告がある。

甘党だから糖尿病になるのではないことは認識しておこう。

EO(勃起障害)のセルフチェック5段階。


セックスのあとの一服はおいしいと感じている人も多いかもしれない。

しかし、タバコもED(勃起障害・勃起不全)の原因になるのをご存じだろうか。

オーストラリアの大規模な疫学調査によると、タバコを吸う本数が多い人はEDのリスクが高まることがわかった。

1日に20本以下の人は、タバコを吸わない人の1.24倍、20本以上の人は1.39倍までリスクが増えると報告されている。

なぜ、タバコでEDになるのか。

原因はタバコに含まれる大量のニコチンが血管を収縮させて、ペニス(陰茎)の勃起を阻害してしまうからだ。

タバコは百害あって一利なしということを肝に銘じよう。

-精力減退と精力アップ

Copyright© クラチャイダムゴールドで精力・勃起がヤバイことに!口コミと効果 , 2018 AllRights Reserved.