精力減退と精力アップ

男が男でなくなる深刻なEDの原因は!?普段の生活で注意すべき事とは

投稿日:


精力増大に絶大な人気を誇るクラチャイダムゴールドですが、

クラチャイダムゴールドを飲もうと思った方の中にはED(勃起障害・勃起不全)になってしまってお悩みの方や、そうなりそうで不安な方など、様々な方がおられると思います。

ですのでここでは、そんな男性の深刻な悩みであるEDになってしまう原因と特徴についてご紹介していきます!

実は、朝立ちをしなくなるのは、ED(勃起障害・勃起不全)の兆しといわれています。

30代~40代は、自分はまだ若いからEDは関係ないと思っている人も多いだろう。

しかし、EDはある日突然やってくる。

ですので是非そうなる前に精力アップに取り組み、ED対策をして行って頂きたい。

EDの原因

EDを引き起こす主な原因には次のようなものがある。

【①心因性のED】
仕事などからくるストレスや不安、また過去の性交の失敗からくる不安、失恋や夫婦間のトラブルなど。

また、若い世代では、性知識の欠如や母親からの強い抑圧など

成育環境が一因になる場合もある。

心因性のEDは、比較的若い世代に多いことが知られている。

【②病気などが原因で起こるED】
EDが原因となる病気には心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病など生活習慣病がある。

うつやLOH症候群(男性更年期障害=男性ホルモン低下によって起こる諸症状)もEDを引き起こす。

その他のEDになる原因

このほかに、大きな要因といわれているのが喫煙だ。

また外傷や手術などにより、勃起に関係する神経や血管が損なわれたとき、また、頭部・脊髄の病気や外傷によってもEDになることがある。

降庄剤、抗うつ薬などの薬もEDの原因になることがある。

ED(勃起障害・勃起不全)は、ストレスなどの精神的なことが原因だったり、老いの問題だと思っている人が多いのではないだろうか。

たしかに精神的・心理的な問題や加齢も原因のひとつであることは事実だが、最近では年齢に関係なく身体的な原因によるEDも多いことが分かってきている。

そのひとつがLOH症候群(男性更年期障害=男性ホルモン低下によって起こる諸症状)といわれるものだ。

ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になる。

この視床下部への刺激物質が男性ホルモンであり、性衝動には男性ホルモン濃度が高いことが必要不可欠なのである。

ところがストレスなどの原因により男性ホルモンが大きく減少してくると、それとともに、性欲も薄くなり勃起機能も落ちて、中折れ症状(勃起をしても行為の途中でペニスが萎える)も出てくる。

この状態が進行するとEDにつながっていく。

EDになると「もう男でなくなったんだ」「もうセックスができない」「人生終わりだ」と悲観しがちだが、いま自分はLOH症候群である可能性を認識して、医療機関を受診し、まずは適切な診断や治療を受けることが重要だ。

日々の生活習慣の乱れもEDにつながる

ところで、不規則な生活リズムや栄養不足、運動不足、連日のお酒の飲みすぎ、喫煙…

こうした不健康な生活習慣もEDにつながっていくことをど存じだろうか。

男性ホルモンが低下していると、メタボリツクシンドローム、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの生活習慣病をもっている人はさらにED(勃起障害・勃起不全)のリスクが高くなる。

そもそも勃起は、性的刺激が脳からの信号により、神経を介してペニス(陰茎)に伝わり、血管が広がりペニスに急激に血液が流れ込んで起こる。

ところが生活習慣病などで血管にトラブルがあると、十分な血液が流入しないため、勃起障害や勃起不全が起こってくる。

メタボリツクシンドロームや高血圧症、糖原病などの生活習慣病がED(勃起不全、勃起障害)の原因になることが知られているが、近年ではメタボリックシンドロームや高血圧などにより動脈硬化が進行したとき、その初期症状としてEDが起こるといわれている。

十分な硬さで勃起できない、朝立ちのない日が続く、といったことがあればEDだけでなく、深刻な生活習慣病の入り口に差しかかっているのかも。

生活習慣病とEDは切っても切り離せないもの。

EDは男の尊厳にもかかわるものであり、精神的なダメージも大きい。

深刻な事態になる前に、いまの生活習慣を見直して、改善しよう。

-精力減退と精力アップ

Copyright© クラチャイダムゴールドで精力・勃起がヤバイことに!口コミと効果 , 2018 AllRights Reserved.