精力減退と精力アップ

精力増強に効果的なミネラルやビタミン類について知っておこう!

投稿日:


精力増強にはクラチャイダムゴールドが多くの方に人気ですが、

精力増強を促す為には、精力増強にどういった成分がかかわってくるのかを理解しておいた方が良いでしょう。

ここでは全記事に引き続き、精力増強に効果的なミネラルやビタミンについてご紹介していきます。

生殖機能正常化、マンガン

マンガンは別名「愛情の塩」と呼ばれているほど、精力に関係しているミネラルです。

マンガンが合まれていなし餌でウサギを飼うと、子供を産んでも育てないことから、マンガンが不足すると愛情がなくなるといわれているのです

確かにマンガンは骨の石灰化やタンパク質などのエネルギー代謝に関与しているために、欠乏すると発育不全や骨の退化を招き、同時にエネルギー不足になって疲れやすくなり、精力も衰えてくるようです。

また、マンガン含有量が低い土地で飼われている乳牛は、乳を搾ろうとすると暴れ、発情期も遅くなったりして受胎率が悪いという報告もあります。

女性の不感症の原因の一つはマンガン不足ではないかと指摘する学者もいます。

マンガンは生殖機能を正常に働かせるために必要不可欠なミネラルであるようです。

ストレス解消、カルシウム

カルシウムは、不足すると骨がもろくなり、筋肉の盤整や手足のしびれを引き起こしたりします。

中高年の間で最近話題になっている「骨粗しょう症」は、カルシウム不足が原因です。

これは骨が極端にもろくなるという恐ろしい病気で、軽く転んだだけでも骨折してしまい、特に高齢者が足を骨折した場介、寝たきり状態になったり、体力の衰弱から生命の危険をもともなうことがあるのです。

そもそも人間の骨はカルシウムなどでできているわけですが、その全体量は10代から増え始め、男女とも35歳をピークにだんだんと減っていきます。

特に女性は閉経後に極端に減少します。

ところが、外部から充分にカルシウムを摂らないと、身体が必要なカルシウムを骨から奪っていき、骨がもろくなってしまうのです。

こうなると、骨粗しょう症とまでいかなくても、骨質が薄弱となって腰痛や肩こりを引き起こしたり、血行にも障害をきたして高血圧や動脈硬化の原因にもなってしまいます。

そればかりか、疲れがなかなか抜けなかったり、ストレスが解消できず、怒りっぽくなって、ますます老化を早めてしまうことになるでしょう。

ストレスが精力の回復には大敵です。

精神的にもセックスどころではなくなってしまいます。

カルシウムは日本人に最も不足しているミネラルだといわれ続けています。

健康そのもののためにもカルシウムをしっかりと摂ることは必要です。

各種ビタミン類も精力増強には不可欠

ミネラルと同様にビタミンも細胞の代謝を円滑にするためにどうしても欠かすことのできない微量栄養素です。

つまり、極端なことをいえば、必須アミノ酸や核酸、ミネラルをいくら豊富に摂り入れても、そこにビタミンがなければ、まったく精力に結びつかないということもあり得るのです。

そのため「漢帝劉精源」に各種ビタミンが配合されているのは当然すぎるほど当然といえるでしょう。

私たち日本人の恒常的ビタミン欠乏は、周知のとおりです。

身体が必要とする所要量を満たすにはいまやビタミン剤などで補うほかないのです。

ここではビタミンについて、特に精力に関係する作用を中心に説明していきます。

ビタミンA

ビタミンAは視力低下や夜盲症を防ぐことでよく知られているビタミンですが、抗ガン作用があることも分かってきました。

また、皮脂だけでなく目や口腔、消化器、気管、その他の各臓器の内面をおおっている粘脱の再生と維持にも役立ちます。

特に、子宮などをおおっている上皮組織の分化にも働きますので、そういった意味では生殖機能を維持する上で効果があるといえます。

ビタミンAが欠乏すると、上皮組織の粘膜が乾燥して固くなり、傷つきやすくなってしまうのです。

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質がエネルギーへと代謝するときに欠かせないビタミンですので、激しい肉体運動の後にはその消費量が増大します。

また、精神の安定を保ち、やる気を起こさせる働きもあります。

これが不足すると、脚気の症状が出たり、むくみや疲れ、食欲減退を招いてしまいます。

ビタミンB6

ビタミンB6は体内でアミノ酸からタンパク質に再合成される時にどうしても必要なビタミンです。

このビタミンがなければ精力増強に関係するタンパク質の代謝だけでなく脂質の代謝も正常に行われなくなってしまいます。

その他、中枢神経系の働きを正常に保ち、皮膚の健康にも貢献しています。

ビタミンB12

ビタミンB12は体内でのタンパク質や核酸の再合成に必要なビタミンです。

当然、精力増強にも不可欠だといえるでしょう。

また、赤血球のヘモグロビンの合成を促す働きがあり、悪性の貧血を防いでくれます。

ビタミンC

血管や骨、筋肉などの形成に欠かせないコラーゲンの生成を促進し、免疫力を高めます。

そのためビタミンCを充分に摂っていると風邪ばかりかガンまでも抑制するという研究結果が発表されているほどです。

その他にもストレスや疲れなどに効果があるといわれています。

特に喫煙者はビタミンCが欠乏しやすいので、十分に補給する必要があります。

ビタミンD3

紫外線によって皮膚で合成されるもので、肝臓に蓄えられ、カルシウムやリンの体内への吸収を助け、また血液中のカルシウム量を一定に保つなど、骨の発育、形成に深く関わっているビタミンです。

つまり骨の材料となるカルシウムやリンを多量に摂っても、これがないと体内にうまく吸収できず、カルシウムやリンの不足が生じ、カルシウム欠乏による様々な弊害が、ビタミンD3の不足によっても同様におこります。

ビタミンE

もともと動物の不妊を防ぐ栄養素として発見されたビタミンです。

男性不妊の人にビタミンEを投与したところ、精巣機能が高まり、精子の数が増加して受胎率が上がったという臨床結果も報告されています。

また、習慣性流産の女性忠者に対しても有効に働くことが分かっています。

このことから、男火を別わず生殖機能を正常に保つ働きがあると考えられています。

その他にも、末梢血管を拡張して血行をスムースにすることも確認されていますので、間違いなく精力増強に結びつくビタミンだといえるでしょう。

-精力減退と精力アップ

Copyright© クラチャイダムゴールドで精力・勃起がヤバイことに!口コミと効果 , 2018 AllRights Reserved.