精力減退と精力アップ

精力減退の原因は精子を出さないこと?精子を良く出すとペニス増大?

投稿日:

クラチャイダムゴールドで精力アップをお考えの方は、何かしら精力減退などに悩んでいる方かと思います。

クラチャイダムゴールドは精力アップに効果的です。

ではそんな精力減退がもたらす害や、精力アップするとどのような事に期待できるかなど気になるところですよね。

ここでは精子を良く出すか出さないかで精力減退がおこったりペニスが増大するのか?などをご紹介していこうと思います!

精子を放出しないとどうなる

精子を放出しないで溜め込んでいると、精管に圧力がかかるようになります。

人間には生殖本能があるので、精子放出命令をかけることによって性欲を促す、というとても神秘的なシステムがあるのです。

あまり長い間溜まった状態が続くと、古い精子は死に体内で分解・吸収されます。

精子を出さなくなると、男性ホルモンであるテストステロンが出になくなります。

テストステロンは男性に性欲を芽生えさせ、精子をたくさん作らせるように働いたり、性欲をアップさせたりする作用があるので、テストステロンが出なくなるということは、作られる精子の数も激減し、性欲も落ちていくということになります。

テストステロンは性欲を芽生えさせるのと同時に闘争力などの意欲を芽生えさせる作用もあるので、仕事で成功している男性、地位が高い男性は、実際にこのホルモンの分泌が高い傾向にあるのです。

ですから、社会的立場の高い人は当然ながら性欲が強くなります。

「英雄、色を好む」という言葉にはちゃんとして根拠があったのです。

また、テストステロンの分泌量でペニスの大きさが変化します。

テストステロンの分泌量が多いほど精子の生産量も増えるので、社会的地位のある人ほどデカく、稼働率の高い皐丸も立派になるのです。

皐丸の稼働率が高いということは、その生殖行為に必要なペニスも当然大きくなると考えられます。

精子をためると体に悪い?

精子をためても肉体的には悪影響はありません。

精子は毎日、睾丸で作られ、精子がたまるとフィードバックというか、自然に体に取り込まれてしまうからです。

しかし、精子をためると体に悪いというこだわりを持つことは、精神的によくないと言えます。

そんなときは、オナニーをして排出すればいいでしょう。

ペニスも使わずに長い間ほっておくと、サビつくというか機能が落ちてきます。

ですから、せめて一ヵ月に一度はオナニーをして射精することも必要なことと言えるようです。

射精が遅くなるのは何故?

射精にかかる時間と精力の関係ですが、中年を過ぎて射精までの時間が長くなってきた場合は、精力が弱くなってきた証拠です。

精力には個人差がありますが、だいたい40歳前後から降下します。

こんなときは、精力増強に効果的なクラチャイダムゴールドのような精力剤をもちいることをお勧めします。

クラチャイダムゴールドは優秀です!

もし30分も勃起したままピストン運動をしても発射できないようなときは、射精にこだわらずセックスを中断する勇気が大切です。

また、お互い前戯をタップリして、挿入と同時に素早く射精するのもよいでしょう。

長引けば長引くほど射精はしにくくなります。

-精力減退と精力アップ

Copyright© クラチャイダムゴールドで精力・勃起がヤバイことに!口コミと効果 , 2018 AllRights Reserved.