精力減退と精力アップ

精子も老化する!?男性の子作りにもリミットが!?

投稿日:

精子が老化する男としない男がいる!?

長いこと、「セックスさえできれば、男は何歳になっても子どもを作れる」と思われていたが、最新の研究から「精子も老化する」ことがわかってきた。

いつまでも現役でいるためには、「精子力」をキープすることが必要だ。

年の差婚が増えている。

少し古いデータだが、結婚相談所「アルパ青山」が2009年に同社で結婚に至ったカップルを調べたところ、「11歳以上の差」がある夫婦が46%もいたという。

ほぼ半分を占めていたわけだ。

オヤジと若い女性の結婚が成り立つ背景のひとつに「子作り」の問題がある。

女性は年を重ねるとともに妊娠が難しくなるが、男性はそうではない。

50代で子どもを作る男性は珍しくないし、往年の名優・上原謙は71歳で、チャールズ・チャップリンは73歳で父親になっている。

卵子と違って、精子は毎日作られるので古くならない。

セックスさえできれば、男は何歳になっても子どもを作れると、長いこと信じられてきた。

ところが、実はそんなことはないらしい。

「精子が老化する男と、老化しない男。我々の研究から、男性には2種類あることがわかった」と話すのは濁協医科大学越谷病院(埼玉県越谷市)泌尿器科の岡田弘主任教授だ。

高齢になるほど、女の子が生まれやすい

岡田教授の研究では20~40代の男性77人から精液をもらい、マウスの卵子に注入した。

精子を注入された卵子は活性化し、核の形が変化するという。

ところが、中には卵子を活性化できない精子もあった。

「一部の男性は35歳から卵子を活性化させる力が落ちる。特に不妊に悩んでいる男性にそういう人が多かった」と岡田教授。卵子を活性化させるカとは、すなわち妊娠させる力。

岡田教授はそれを「精子力」と呼んでいる。

上原謙やチャップリンのような男性もいることは確かだが、誰もが彼らのように末永く精子力をキープできるわけではない。

男も年を摂ると子供はできにくくなる

実は「男も年を取ると子どもができにくくなる」という報告は以前からいくつかあった。

例えば782組の夫婦を対象に、「夫婦の年齢と妊娠する確率」を調べた論文がある。

妻の年齢が27~39歳の場合、「夫が同い年」でも「夫が5歳上」でも妊娠率はほとんど変わらない。

ところが妻が35~39歳になると、「夫が5歳上」は明らかに妊娠率が落ちる。

つまり、40歳を過ぎた男性は妊娠させにくくなるわけだ。

また、高齢の男性は「男の子」を作りにくくなるという。

ご存じの通り性染色体にはXとYがあり、女性はXXを、男性はXYを持っている。

それは卵子の性染色体がすべてXなのに対し、精子はXを持つものとYを持つものがあるため。

つまり、生まれてくる子どもの性別は男の精子で決まることになる。

面白いことに、精液中のX精子とY精子は1対1ではない。

なぜかY精子のほうが5%ほど多く、そのため新生児は男子のほうが少し多い。

厚生労働省「人口動態統計」によると、2013年は女子が50万2159人に対し、男子が52万7657人生まれている。

「ところが50代半ばになると精液中のX精子とY精子の数が同じになり、それ以降はどんどんYが減っていく」と岡田教授。

その結果、父親が高齢の場合、女の子が生まれやすくなるという。

5081人の精液を調べた結果、精子の数は35歳から毎年1.71%ずつ減り、精子の奇形率は41歳から毎年0.84%ずつ増えることがわかった。

さらに44歳から精子の運動率が、56歳からはY精子が減っていく。

要するに、女性だけでなく、男性も子作りのタイムリミットは意識しなければいけないということ!

晩婚化が進んでいるが、本気で子どもが欲しかったら40歳までは独身でもいいや」なんて悠長に構えていられない。

35歳を目安にがんばろう。

精子カをキープするには『赤」が有効!?

精子力は子作り世代だけに限らず、中高年男性にも重要な意味を持っている。

「精子力とは男性力であり、男性にとって若さのバロメーター」と岡田教授。いつまでも精子力をキープすることはアンチエイジングにもつながる。

そのためには、規則正しく健康的な生活が基本だ。

睡眠不足や高脂肪食によって精子の数が減ると言われている。

また、「酸化によって遺伝子が老化する。ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10など、抗酸化成分の多い食べ物やサプリメントを積極的にとるといい」と岡田教授。

ストレスも精子力を下げる。

現代社会で暮らしていく中では、ストレスを感じずにいることは不可能なので、いかにストレスに対処するかが大切になる。

まず、プラスに受け止めること。

そしてすぐに腹を立てないことを心がけよう。

「部下の失敗を安易に叱る前に、いい所を探してほめる。その後、こうすればもっと良かったな、と続けるようにすれば、自分にも相手にもストレスがかからない」と岡田教授はアドバイスする。

色の効果もあなどれない。

赤い車に乗ったり、赤い服を着たりすると、血中のテストステロン(主要な男性ホルモン)の数値が上がる。

数年前、真っ赤なBMWを買った岡田教授は、テストステロン値が4倍に上がったという。

岡田教授のオフィシャルサイト「男性不妊バイブル」に、以下の「精子力を高める7カ条」の解説が載っているので参考にしてほしい。

「精子が老化する人としない人がいるが、どちらのタイプにも効果があるはず」と岡田教授。

いつまでも「現役の男」でいるため、精子力をキープしよう!

-精力減退と精力アップ

Copyright© クラチャイダムゴールドで精力・勃起がヤバイことに!口コミと効果 , 2018 AllRights Reserved.